抱えやすいナース特有の悩み

悩めるナースの皆さんに解決策を伝授!

ナースが抱える悩みとは?

ナースが抱える悩みとは?

ここでは、ナースが抱える悩みとその理由について紹介していきます。多くの悩みを抱えるナースのみなさんですが、その中でも代表的な「後輩指導」「人間関係」「残業」に関する悩みについて紹介していきます。いったいこれらの問題はどのような理由で発生しているのかをまずは把握していくことで、問題解決の糸口を見つけ出しましょう。ナースはサラリーマンとは異なる組織形態や業務内容の中で働いていくこととなるので、その特徴を掴むのがカギとなります。

後輩指導(プリセプター)の悩み

後輩指導(プリセプター)の悩み

働き始めて数年たつと、プリセプターとして後輩ナースの指導をする機会が訪れます。その際に先輩ナースとしてどのように指導していけばいいのかといった不安を抱える人が多いようです。まだまだ自分も覚えることの多い身として、はたしてちゃんと後輩ナースへの指導ができるのだろうか、どうすればうまく指導することができるのかといった悩みに加え、自分の業務とプリセプターとしての役割を両立できるかどうかといった悩みもあるようです。

詳細を見る
ナース特有の人間関係

ナース特有の人間関係

ナースの仕事は責任が重く女性が多い職場であるという特徴があり、それゆえ特有の人間関係に悩まされるケースが多いようです。仕事に対する価値観やライフスタイルはナース一人一人で異なるため、そこのズレから生じる人間関係の問題に悩まされることも少なくありません。また、ちょっとしたミスが患者さんの命に係わる事態になるため、先輩ナースからの厳しい指導に悩んでしまう新人ナースも多いようです。具体的にどういった悩みが多いのか、そしてその理由はなんなのかを知っていきましょう。

詳細を見る
当然のように発生する残業

当然のように発生する残業

ナースは残業が多いという特徴もあります。そのため、毎日当然のように発生する残業に悩まされているナースも多いようです。労働実態調査によると、一日のナースの残業は平均で1時間~1時間半となっており、さらにその多くがサービス残業のようです。直接患者さんと関わる以外にも記録業務や情報収集など時間のかかる作業が多く、状況に合わせて臨機応変に対応していかなければならないため、その結果として帰宅が遅くなるナースが多いのです。

詳細を見る

新人ナースに人気の記事!

ナースが抱える悩みとは?
当然のように発生する残業

メインとなる看護業務に加え記録業務なども多く、患者さんの対応も臨機応変に行わなければならないため残業が頻繁に発生してしまうナースの仕事。特に新人ナースは覚えることが多く、時間がかかってしまうことが多いようです。

問題解決の方法を知る
中立の立場をとって信頼関係を築いておく

ナースは女性が多く、それゆえ面倒な人間関係が発生しやすいのですが、どのようにすればこういった人間関係に巻き込まれずに済むのかコツを紹介します。新人ナースとしてこれからがんばる人は、職場以外の人間関係も大切にしておきましょう。

交流会に参加して解決策を探すのもアリ
ナースのための交流会「ナースときどき女子会」

せっかく憧れのナースとして働き始めたけど、なかなかうまくいかない。そんな悩みを抱える新人ナースは、同じくがんばっている仲間との出会いがある交流会に参加してみると、問題解決のきっかけが得られるかもしれません。